選ぶポイント | 赤ちゃんが快適に過ごせるベビー布団を選ぼう

赤ちゃんが快適に過ごせるベビー布団を選ぼう

選ぶポイント

出産準備品として準備するのが主流

生まれたばかりの赤ちゃんは、1日のほとんどを寝て過ごします。そのため、布団は赤ちゃんが長い時間使用する大切なアイテムです。 和室に布団を敷く昔ながらの日本のスタイルでは、特にベビー専用の布団を用意するということはありませんでした。しかしベビーベッドの使用が広まってからは、ベビー布団を使用するのが一般的になってきました。今ではほとんどの人が、出産前に新生児服等と合わせて購入しています。 ベビー用の物の特徴は、敷き布団が固めであるということです。赤ちゃんの体は骨や関節が未発達であるため、柔らかい敷き布団では体が沈み込んでしまいます。過度な体の沈み込みは、背骨のゆがみや関節の不自然な成長等、正常な体の発達を妨げてしまう可能性があります。そのため、固めの物を用意してあげる必要があるのです。

こだわりの素材やレンタル品も登場

ベビー布団は様々な種類のものが販売されていますが、特に素材にこだわった製品が注目を集めており、今後も人気が高まることが予想されています。赤ちゃんの肌はとてもデリケートで敏感です。肌触りの良い快適な布団で過ごさせてあげたい、という親心から、上質な素材の物を購入する人が増えています。無農薬栽培のオーガニックコットンを使用した製品は特に人気で、大手子供用品店でも常に売り上げ上位にあがっています。 また、近年はレンタル品の利用も増えてきています。赤ちゃんの成長は早く、服と同様に布団も予想以上に早く小さくなってしまいます。一時期しか使用しないものは効率的に入手したい、という親の要望は多く、ベビー用品レンタルが注目を集めています。

オーガニック

赤ちゃんの肌は非常にナイーブなので、素材によっては肌を痛めつけてしまう可能性があります。
そうならない為にもできるだけ化学繊維をつかっていないものを選ぶと良いでしょう。
コットンの中でもオーガニックコットンであれば、肌に優しく、心配なく利用することが可能です。
赤ちゃんの睡眠は成長に大きく左右するものになるので、機能から素材までしっかりとこだわって快適な環境で過ごしてもらう必要があります。